狂気のクロニクル/短編 プロコウク氏 発明の巻

BWD-2038

狂気のクロニクル/短編 プロコウク氏 発明の巻

(BWD-2038)

☆農夫の運命をユーモラスなまなざしで見つめながら、騒乱の時代を描くゼマンの遊び心あふれる長編

アニメ大国チェコにおいて、トルンカやティールロヴァーと並び先駆的存在、そして前人未到の幻想世界の創造者カレル・ゼマン。書き割りスタイルのセット、レトロなデザインの切り紙アニメに人形アニメ、実写とアニメの合成と多彩なテクニックを駆使して生み出す、幻想的空間。ガラスの妖精、愛すべき風来坊、潜水艦、飛行船、恐竜時代に魔法の世界と、ゼマンが生み出した数々の愛すべきキャラクター、心に留める美しいシーン、詩情とロマン溢れる、不思議で奇想天外な物語に誰もがワクワク!ドキドキ!

■30年戦争(1618~48年、ドイツを舞台にヨーロッパ諸国を巻き込んだ宗教戦争)を描いた作品。恋人と共に囚われの身となった農夫ピーターの運命を追いながら、戦争の愚かさを皮肉るアニメと実写の合成作品。風刺家でもあるゼマンは、当時のチェコスロヴァキアでの抑圧体制の中で、常に批判精神を忘れなかった。劇中のキュートな天使をはじめ、シュールなアニメ・シーン、重いテーマをユーモラスなまなざしで見つめながら、騒乱の時代を描くゼマンの遊び心あふれる長編「狂気のクロニクル」。
■ちょっとおっちょこちょいだけど、憎めないプロコウク氏が発明に猪突猛進!町工場で働くプロコウク氏は、使い勝手の悪い工作機をなんとかしようと、街にアイデアを求めて出かけるが…。痛烈な皮肉で社会を風刺するサイレント喜劇風スラップスティック短編人形映画シリーズの1本「プロコウク氏 発明の巻」。

脚本・演出:カレル・ゼマン
編集:ミロスラフ・ハーイエック
撮影:ボフスラフ・ピカルトゥ
音楽:ヤン・ノヴァーク

ペトル・コストゥカミロスラフ/ホルップエミリア・ヴァシャーリオヴァーヴァレンティナ/ティエロヴァーカレル・エファエヴァ

2010年12月25日発売
BWD-2038/片面一層
収録時間:91分
1947-64年チェコ
価格:¥3,800+税

在庫状態 : 在庫有り
¥3,800(税別)
数量