呪い面

BWD-2575

呪い面

(BWD-2575)

本当の「呪い」というものを、あなたは知っているだろうか…
フジテレビ「奇跡体験!アンビリーバボー」で一昨年8月に放送され、さらに昨年2月に恐怖体験の「第一夜」で取り上げられた「関わる者が不幸になる」という“最凶の呪い面”の謎に迫る!「ほんとにあった!呪いのビデオ」のブロードウェイが放つ、ほんとに怖いドキュメンタリー!

○「関わる者が不幸になる」という“最凶の呪い面”の謎に迫る!
フジテレビ「奇跡体験!アンビリーバボー」で一昨年8月に放送され、さらに昨年2月に恐怖体験の「第一夜」で取り上げられた「関わる者が不幸になる」という“呪い面”。“最凶の呪い面”とされ、現在は京都の寺院に封印されている。その“呪い面”は、オカルト作家の山口敏太郎氏が関西地域の骨董屋から購入したもので、元来は儀式やお祭りに使われていたものらしい…。

◯呪い面が引き起こした力とは…
取材した雑誌記者は階段から転落し、全治5ヶ月の重傷。記者の取材を掲載した出版社はすぐに倒産。転載した雑誌の出版社も倒産。取材したTV局員の身内に不幸がおこる等、過去に関係者のなかで、不可解な死者が5名、病気やケガを負った者が3名いるとおいう…。

*“呪い面”の封印を解いた作家の山口敏太郎氏によると、「この面をマスコミが興味本位で扱うと、取材した本人やその近しい人が不幸になり、病気や事故に巻き込まれるおそれがある」という。

【スタッフ】
製作:張江肇、鈴木ワタル、大橋孝史
プロデューサー:宮田生哉、沢田慶
構成・演出:寺内康太郎
監修:山口敏太郎

(C)2014 NSW/パル企画

2014年2月5日発売
トールケース1枚組
2014年/日本
価格:¥3,800+税

在庫状態 : 在庫有り
¥3,800(税別)
数量