グラウベル・ローシャ傑作シリーズ バラベント

BWD-2398

グラウベル・ローシャ傑作シリーズ バラベント

(BWD-2398)

☆「灼熱のカオスと静けさの強烈なコントラスト!荒々しくも繊細な映像スタイル!<シネマ・ノーヴォ>の誕生を世界に告げた男—それがグラウベル・ローシャだ」—映画評論家/出口丈人

■ゴダールをして、ベルトリッチ、ストローブ=ユイレ、スコリモフスキと並び“もっとも新しい映画監督の一人”と言わしめた、グラウベル・ローシャ傑作選!

第13回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭 最優秀作品メダル受賞

■ブラジル北東部バイーア地方。アフリカからの奴隷の最古の集積地。人々は、祈祷師にすがり、呪いをかけ、トランスに接して、さらに信仰にのめり込む。漁師たちの素朴な生活が息づく海岸の村に、ある日、白いスーツの青年が都会から戻って来る。男は、人々のとらわれている因習、特に民間信仰カンドンブレから人々を解放しようとする。これをきっかけに村にはさまざまな波が立つ。地引き網漁の網元による零細漁民の支配、何とか支配から独立を計ろうともくろむ青年…。全編に響き渡る民謡、人々の活力、ハイチのブードゥーに通じるカンドンブレの儀式の生々しさなど、まさしくバラべント(大地と海が一変し、愛、生活、社会が変貌する激しい瞬間)の予感を捉えた作品である。

[スタッフ]
製作総指揮:ロベルト・ピレス
製作:ロベルト・ピレス、ブラーガ・ネット、レクス・シンドラー、デヴィッド・シンガー
監督:グラウベル・ローシャ
原案・脚本:ルイス・パウリーノ・ドス・サントス、グラウベル・ローシャ、ジョゼ・テレス
原案・脚本・撮影:トニー・ラバトニ
美術:エリオ・モレーノ・リマ
編集:ネルソン・ペレイラ・ドス・サントス
音楽:カンヒキーニャ

[キャスト]
フィルミノ(アントニオ・サンパイオ):アントニオ・ピタンハ
コタ:ルイザ・マラニョン
ナイーナ:ルシー・デ・カルバーリョ
アルアン:アルド・テイシェーラ
メストル:リジオ・シルバ

発売日:2013年2月2日
BWD-2398/価格:¥3,800+税
モノクロ/4:3/音声=ポルトガル語/日本語字幕
約79分
1962年/劇場公開作品

在庫状態 : 在庫有り
¥3,800(税別)
数量