呪いの事件簿

BWD-2181

呪いの事件簿

(BWD-2181)

★現代社会に蔓延する悪質な犯罪や事件!その裏には邪悪な呪いの存在があった……

時事的な犯罪や事件を題材に現代に巣食う怨念や悪意を鋭く描き出す戦慄の心霊・猟奇ホラー!!

『ほんとにあった!呪いのビデオ』製作委員会が放つ新シリーズ!3つのエピソードからなるオムニバスドラマ。
監督には製作委員会の菊池宣秀。

●臓器移植の真実・・・ある町医者の男。
彼の娘は生まれつき心臓に疾患があり、長い間心臓移植を待っていた。特に最近病状が悪化している様である。
そして、男の病院には長年治療費を滞納している長期入院患者がいた。何とかしてその患者の心臓を娘に移植できないものか。
と考えた男は入院患者を原因不明の突然死という事にして殺害する。

●禁断のダイエットグッズ・・・通販でダイエットグッズを取り扱う女社長。
ある日、とある男から電話があり「絶対に痩せる薬」と謳う薬を買う。
自身もダイエットに悩んでいた女社長は社員を実験台にして効果を確認し、自分でも薬を服用するようになる。
その薬を自社の通販で売ったところ、確実なダイエット効果が口コミで広がって大ヒット商品に。

●振り込め詐欺の呪い・・・振り込め詐欺グループの一員である男。ある日、グループに属する友人が、ある老婆を振り込め詐欺で騙すことに成功する。
大金をせしめて有頂天の詐欺グループのメンバー達。友人によると今回騙した老婆は盲目で痴呆気味であり、もっと金を騙し取る事が出来るという。
しかし、その後老婆は音信不通になってしまう。

【スタッフ】
監督:菊池宣秀

発売日:1月6日(金)
BWD-2181/価格:¥3,800+税
言語:日本語/約60分/カラー/16:9
2011年日本

在庫状態 : 在庫有り
¥3,800(税別)
数量