みんなのアムステルダム国立美術館へ

BWD-2904

みんなのアムステルダム国立美術館へ

(BWD-2904)

美術館は誰のもの?
美術館の改修をめぐって、館長やキュレーター、建築家、政治家、そして市民までをも巻き込んだ、笑いと涙の大騒動。10年もの閉館をへて、ついにアムステルダム国立美術館が生まれ変わる!

■2004年、200年の歴史をもつアムステルダム国立美術館の創立以来の全面改修が始まった。だが美術館を貫く公道の設計に、「自転車が通りにくい!」と自転車王国アムステルダムの市民が猛反発。大騒動がまきおこる。おかげで工事は中断をかさね、再オープンは当初の2008年から果てしなく遅れるはめに。それぞれの意見やこだわりがせめぎ合い、美術館の誰もが疲労困憊。だがその苦労が、やがて “みんなに開かれた美術館”を息づかせ、ついに輝かしいグランドオープンの日が訪れる―。!!
本作は国家最大の美術館が10年も閉ざされた“事件”の顛末を追いながら、“美”をつくる現場をのぞき込むことのできるドキュメンタリー。10年の間に館長が突然交代、市民のみならず建築家・内装家とも対立し、資金難に悩み、サザビーズでは落札失敗―。そんな中、学芸員は展示を刷新し、オランダが誇る至宝の数々も修復されてゆく。日本では考えられないほど包み隠さず描かれる、美術館商売の舞台裏。みんなの想いをうけて動きはじめる新たな美術館に、きっとあなたも訪れたくなる!

【アムステルダム国立美術館】オランダの首都アムステルダムにある国最大の国立美術館。200年の歴史を誇る。レンブラント『夜警』やフェルメール『牛乳を注ぐ女』など、17世紀オランダ黄金時代の傑作絵画をはじめ、オランダが世界に誇る至宝の数々を所蔵する。そのコレクションはパリのルーブル美術館やロンドンの大英博物館にも匹敵。10年の閉館の後、2013年4月に再オープンした美術館は、一日に14000人もの来館者を集める成功をおさめている。すぐ隣のゴッホ美術館とならんで旅行者が必ずと言ってもいいほど訪れる観光名所でもある。
アムステルダム国立美術館公式サイト https://www.rijksmuseum.nl/

【スタッフ】
監督:ウケ・ホーヘンダイク 撮影監督:サンダー・スヌープ/グレゴール・メールマン 録音:マーク・ウェスナー 音響:ミシェル・ショーピン 音楽:モーリス・ホルストフイス  編集:ハイス・ゼーヴェンベルヘン プロデューサー:ハイス・ファン・デ・ウェステラーケン
【キャスト】
アムステルダム美術館の館長、学芸員、建築家、アムステルダム市民他
【コピーライト】
発売元:株式会社ブロードウェイ/販売元:株式会社ブロードウェイ

【発売日】2015年12月4日
2014年オランダ/オランダ語・英語/字幕:日本語/トールケース 収録時間:97分/原題:The New Rijksmuseum
価格:¥3,800+税

在庫状態 : 在庫有り
¥3,800(税別)
数量