ハリウッド西部劇映画傑作シリーズ 荒原の女

BWD-2660

ハリウッド西部劇映画傑作シリーズ 荒原の女

(BWD-2660)

ハリウッド黄金時代に輝いた、珠玉の西部劇傑作シリーズ!

西部劇映画史上、最初にワイアット・アープを主人公に描いた作品として知られる伝説の傑作。だが、製作がアープの死後(’29)3年目に製作されたため未亡人ジョゼフイン・M・アープは名前の使用を認めずワイアットはフレーム・セイント・ジョンソンという名前で登場する。主演のヒューストンの息子ジョン・ヒューストンとトム・リードが脚本を担当。ヒューストンはこの作品でユニヴァーサルと脚本家として契約し『黒欄の女』(’38)などの名作を手がけた後、’41年ワーナー映画『マルタの鷹』で鮮烈の監督デビューを果たす。尚、この作品はLAW AND ORDER のタイトルで2回(’40年&’53年)リメイクされている。(2作とも未公開)

ハリウッド黄金時代に輝いた、珠玉の西部劇傑作シリーズ!

妻に先立たれたハーべイは、9歳の一人息子デイビッドに母親が必要だと考え、町に嫁探しに出かける。友人の計らいで売りに出されていた、奴隷女レイチェルを見つけ彼女を買い取る。息子の母親にするためにと形ばかりの結婚の手続きを済ませるが、ハーべイにとってレイチェルは母親というより召使い女だった。息子も彼女を見知らぬ侵入者と見なして、レイチェルを嘲っていた。ある日、ハーヴェイの親友の流浪の猟師ジムがやって来たことから、状況が変わっていく。ハワード・ファストの小説「レイチェル」を映画化した牧歌調西部劇で、レイチェル役のロレッタ・ヤングが西部開拓初期の働き者の女を好演。 この作品はRKO映画史上最もヒットした作品の1本としても名高い。妻に先立たれたハーべイは、9歳の一人息子デイビッドに母親が必要だと考え、町に嫁探しに出かける。友人の計らいで売りに出されていた、奴隷女レイチェルを見つけ彼女を買い取る。息子の母親にするためにと形ばかりの結婚の手続きを済ませるが、ハーべイにとってレイチェルは母親というより召使い女だった。息子も彼女を見知らぬ侵入者と見なして、レイチェルを嘲っていた。ある日、ハーヴェイの親友の流浪の猟師ジムがやって来たことから、状況が変わっていく。ハワード・ファストの小説「レイチェル」を映画化した牧歌調西部劇で、レイチェル役のロレッタ・ヤングが西部開拓初期の働き者の女を好演。 この作品はRKO映画史上最もヒットした作品の1本としても名高い。

【キャスト】
ロレッタ・ヤング
ウィリアム・ホールデン
ロバート・ミッチャム

【スタッフ】
監督:ノーマン・フォスター
脚色:ウォルド・ソルト
原作:ハワード・ファスト

【コピーライト】
発売元・販売元:株式会社ブロードウェイ

2014年9月3日発売
1952年アメリカ/カラー
英語/日本語字幕/トールケース
価格:¥2,800+税

在庫状態 : 在庫有り
¥2,800(税別)
数量