ジョン・フォード傑作選 第2集 DVD-BOX3

BWD-2726

ジョン・フォード傑作選 第2集 DVD-BOX3

(BWD-2726)

アカデミー賞を6回受賞した映画史の巨人ジョン・フォードの20年代~40年代の代表作を収録した“不滅の映画監督 ジョン・フォード傑作選”第2集!

Disc.1『太陽は光り輝く』 The Sun shine bright  1953年/B&W/90分
監督:ジョン・フォード 原作:アーヴィン・S・コップ 脚色:ローレンス・ストーリングス 撮影:アーチー・スタウト 出演:チャールズ・ウィニンジャー、アーリーン・ウィラン、ジョン・ラッセル
南北戦争の40年後、ケンタッキーのある町では南軍のラッパ手だったプリースト判事を中心にいまだに南軍魂が総てを支配していた。北部派のメイドウ弁護士はその偏見を一掃しようと、次の判事選挙に立候補した。ブリーストの友人レイク医師の養女リーは老将軍の孫娘だが、出来の悪い息子といかがわしい女との子ということで祖父に認められず医師の養女になっていた。土地の名門の息子アシュビーが久しぶりに帰郷、リーに心惹かれる。あるときリーを侮辱した無頼漢ランセイがアシュビーを叩きのめしたが、判事はそれを中止させランセイを町から追放した。アービング・S・コップの短編小説『太陽は光り輝く』『虐殺の暴徒』『神は救う』の3編から、「黄色いリボン」のローレンス・ストーリングスが脚色、ジョン・フォードが監督した人情ドラマ。

Disc.2『アイアン・ホース』 The Iron Horse 1924年/B&W/132分
監督:ジョン・フォード 脚本・原作:チャールズ・ケニヨン 、 ジョン・ラッセル 撮影:ジョージ・シュナイダーマン 音楽:柳下美恵  出演:ジョージ・オブライエン、マッジ・ベラミー、C・エドワード・ブル、ウィリアム・ウォリング
史上初の大陸横断鉄道建設を壮大なスケールで描いた、ジョン・フォード初期のサイレント時代の超話題作。血気にたぎる29歳のJ・フォードが、見事に一流監督の仲間入りを果たしたサイレント期の西部開拓叙事詩。東と西から同時に工事開始されたアメリカ大陸横断鉄道施設をめぐって、インディアンの妨害、鉄道建設の資金難、若い男女の恋、土地売買の陰謀、父の仇討ちと様々な物語が交錯する。大陸横断鉄道建設を夢見る測量技師ブランドンは、幼いディヴィを連れて西部へ向うことになり、デイヴィは隣に住む土木業者マーシュの娘ミリアムと別れをかわす。エイヴ・リンカーンは、このブランドンの夢の中にアメリカの将来を見ていた。三ヶ月後、野営中のブランドンは、息子を残してインディアンを率いる二本指の白人ドゥルーに殺される。十年が過ぎて大統領リンカーンは奴隷を解放し、大陸横断鉄道法案に署名、西へ向うユニオン・パシフィック鉄道と東へ向うセントラル・パシフィック鉄道は共に工事を始めるが。

Disc.3『血涙の志士』Hangman’s House 1928年/B&W/71分
監督:キング・ヴィダー 脚本:フィリップ・クライン 原作:ドン・バーン 音楽:柳下美恵 撮影:ジョージ・シュナイダーマン 出演:ビクター・マクラグレン、ジューン・コリア、ラリー・ケント
アイルランドの物語である。コンノートはダーモットと恋仲であったが、父親の死に際の頼みにより、彼女はダーシーとグレンマリュアーの寺院で深夜結婚式を挙げる。しかし、父の死後、コンノートは夫が勝手きままな男であることを知り悲しむ。ダーシーは最近フランスから帰ったばかりなのだが、彼は托鉢僧の装いをしたどこかで見覚えのある男に尾行されていることに恐々としていた。ドン・バーン氏の有名な小説の映画化で、「マザー・マクリー」「四人の息子(1928)」等と同じくジョン・フォード氏の監督作品である。原作を映画向きに書き改めたのはフィリップ・クライン氏、撮影台本を製作したのはマリオン・オース女史である。

【スタッフ/キャスト】
監督:ジョン・フォード

チャールズ・ウィニンジャー/アーリーン・ウィラン/ジョン・ラッセル/ジョージ・オブライエン/マッジ・ベラミー/C・エドワード・ブルほか

【コピーライト】
発売元:株式会社ブロードウェイ/販売元:株式会社ブロードウェイ

2014年12月3日発売
1924,1928,1953年アメリカ 英語/日本語字幕 モノクロ トールケース3枚組

在庫状態 : 在庫有り
¥6,750(税別)
数量