ハリウッド西部劇映画傑作シリーズ DVD-BOX Vol.2

BWDM-1018

ハリウッド西部劇映画傑作シリーズ DVD-BOX Vol.2

(BWDM-1018)

「すごい!西部劇黄金時代の、その全貌がここに!」佐々木譲(作家)
ハリウッド黄金時代に輝いた、珠玉の西部劇傑作シリーズ第3弾!一流のスタッフ&キャストが結集した厳選の8作品

▶DISC 1「死の砂塵」 Along the Great Divide(1951) B/W 88分 
監督:ラオール・ウォルシュ 主演:カーク・ダグラス、ヴァージニア・メイヨ
*法の忠実な番人たらんとする保安官のレンは、殺人の容疑者をリンチから救った。引き渡しを要求する被害者の父親の言葉をけり、彼は裁判で決着をつけることを主張する。だが、町へ容疑者を護送する道中、被害者の父親が彼らを追ってくる…。「赤い風車」のアンソニー・ヴェイラーが1951年に製作した西部劇で、サスカチワンの狼火」のラウル・ウォルシュが監督。「想い出」のカーク・ダグラスと「地獄の狼」のヴァージニア・メイヨが主演し、以下「アパッチ砦」のジョン・エイガー、「西部の掠奪者」のウォルター・ブレナン、レイ・ティール、ヒュー・サンダースらが助演する。

▶DISC 2「丘の一本松」 The Trail of the Lonesome Pine(1936) カラー(屋外で撮影された初の西部劇)
監督:ヘンリー・ハサウェイ 主演:シルヴィア・シドニー、ヘンリー・フォンダ、フレッド・マクマレー
*ケンタッキーの山奥に住む、トリヴァー一家とフェーリン一家は、幾代もの間確執を続け、しばしば流血の争闘をくり返していた。そこへジャック・ヘイルという技師が鉄道敷設にやってきて、フェーリン一家に射たれたデイヴ・トリヴァーの命を救う…。野外で撮影された最初のテクニカラー映画で「Gウーマン」「青春の溜息」のシルヴィア・シドニー、「春を手さぐる」「花嫁の感情」のフレッド・マクマレー、「月は我が家」「恋の歌」のヘンリー・フォンダが主演。監督は「永遠に愛せよ」「ベンガルの槍騎兵」のヘンリー・ハサウェイ。

▶DISC 3「ビリー・ザ・キッド」 Billy the kid(1930)B/W
監督:キング・ヴィダー 主演:ジョン・マック・ブラウン、ウォレス・ビアリー、ケイ・ジョンソン
*無法者のなかの無法者、数多い西部劇のヒーローの中でも、まずベスト・テンの上位にランクされ、何度も映画化されたキッド映画のなかでも、トーキー時代になって最初につくられ、キッド映画の決定版たるにふさわしい名作と言われるのが本作。「テキサス決死隊」「白昼の決闘」「北西への道」のキング・ヴィダー監督作品で、ビリー・ザ・キッド役は「妻呼ぶ怒涛」「恋多き女」のジョン・マック・ブラウンがつとめた。「ビッグ・ハウス」「ロマンスの河」のウォーレス・ビアリー、「略奪者」「マダム・サタン」のケイ・ジョンソンなどが助演。

▶DISC 4「インディアン渓谷」 Canyon Passage(1946) カラー 92分
監督:ジャック・ターナー 主演:ダナ・アンドリュース、ブライアン・ドンレヴィ、ワード・ボンド
*オレゴン州のある街でよろず屋を始めたローガンは、愛していたルーシーが、親友のカムローズと婚約したことを知る。一方、ローガンに敵対するハニー・ブラッグは、インディアンをそそのかし街を襲撃する。ローガンらは直ちに防衛団を組織し、敵を迎え撃つが、カムローズが殺されてしまい…。監督は「ベルリン特急」のジャック・ターナー。「潜航決戦隊」のダナ・アンドリュース、「タルサ」のスーザン・ヘイワード、イギリスから呼ばれたパトリシア・ロック(「情炎の島」)、「落日の決闘」のブライアン・ドンレヴィを中心に、「情熱の狂想曲」のホギー・カーマイケル、アンディ・デヴァインやワード・ボンドら西部劇の常連が助演。

▶DISC 5「午後の喇叭」 Bugles in the Afternoon(1952) カラー 81分
監督:ロイ・ローランド 音楽:ディミトリ・ティオムキン「真昼の決闘」「リオ・ブラボー」「OK牧場の決斗」 主演:レイ・ミランド、ヘレナ・カーター
*騎兵隊のシャフター軍曹は上官ガーネット大尉を傷つけたことで位階を剥奪され、隊を放逐された。シャフターは西に向かい、リンコルン砦の第七騎兵隊に一兵卒として入隊するが、モイラン大尉から、まだシャフターに敵意を持っているガーネットが指揮官として転任してくると告げられ…。「勇者のみ」のウィリアム・キャグニーが製作し、「少年牧場」のロイ・ローランドが監督したテクニカラーの騎兵隊西部劇。「生きるためのもの」のレイ・ミランドと「熱血児」のヘレン・カーターが主演。

▶DISC 6「征服されざる西部」 Horizons West(1952) カラー 81分
監督:バッド・ベティカー 主演:ロバート・ライアン、ジュリー・アダムス、ロック・ハドソン、ジョン・マッキンタイア
*南北戦争が終り、牧場主イラの長男ダン・ハモンド少佐と養子であるニール・ハモンド中尉はテキサス州のオースティンに戻って来た。牧場経営で一獲千金を狙うダンはオースティンに行くが、そこでボスのハルディンの妻ローナと恋に落ちてしまう…。テキサスを舞台に、義兄弟の抗争を描いた西部劇。ルイス・スティーヴンスの脚本を「レッグス・ダイヤモンド」のバッド・ベティカーが監督。「拳銃の報酬」のロバート・ライアン、「夜を楽しく」のロック・ハドソン主演。

▶DISC 7「命知らずの男」 Kansas Raiders (1951) カラー 81分 
監督:レイ・エンライト 主演:オーディー・マーフィー、トニー・カーティス、リチャード・ロング、ブライアン・ドンレヴィ
*南北戦争も終りに近い1863年、カンサス州に乗り込んだ侠盗ジェシイ・ジェイムスは、南軍ゲリラ、カントリルの部隊に参加すべく、キット・ダルトンや兄であるフランクと旅を続けていた。一行はカントリルのスパイだと怪しまれ民衆に死刑にされそうになるが、駐屯騎兵隊の隊長に救われ…。西部開拓史に馳せたカンサス襲撃隊のジェイムス兄弟とキット・ダルトンを主人公にした西部劇。「アリゾナの襲撃」のレイ・エンライトが監督。主演は「地獄の戦線」のオーディー・マーフィー、「裏切りの町角」のトニー・カーティス、「暴力団」のブライアン・ドンレヴィ他。

▶DISC 8「ダコタ高原」 Dakota (1945) B/W 82分
監督:ジョセフ・ケイン 主演:ジョン・ウェイン、ヴェラ・ラルストン、ウォルター・ブレナン、ワード・ボンド
*鉄道王の娘がカウボーイと駆け落ちし、土地争いに巻き込まれる姿を描く西部劇。カール・フォアマンとハワード・エスターブルックの原作の映画化で、製作・監督はジョセフ・ケイン。出演はジョン・ウェイン、ヴェラ・ラルストン、ウォルター・ブレナン、ワード・ボンドなど西部劇のスターが豪華共演を果たした傑作。

【コピーライト】
発売元:株式会社ブロードウェイ/販売元:株式会社ブロードウェイ

【発売日】2012年11月2日
モノクロ&カラー/1930~1952 アメリカ/英語 字幕:日本語/トールケース8枚組/収録時間:約755分
価格:¥18,000+税

在庫状態 : 在庫有り
¥18,000(税別)
数量