映画 火垂るの墓 メイキング -夏、僕たちが知らない戦争-

BWD-1859

映画 火垂るの墓 メイキング -夏、僕たちが知らない戦争-

(BWD-1859)

☆2008年夏・兵庫。猛暑のなか、63年の年月を経て、清太と節子がそこにいた―――。

◆戦争文学の名作として、1968年の発表以来、ロングセラーとなっている野坂昭如の直木賞受賞作「火垂るの墓」が実写映画化されました。88年の高畑勲監督によるアニメ映画でも知られるこの名作を監督したのは、「父と暮せば」「紙屋悦子の青春」の故・黒木和雄監督を師と仰ぎ、05年に浅野忠信主演「誰がために」で監督デビューした日向寺太郎。当初、黒木監督による映画化が検討されていましたが、黒木監督の急逝後、黒木組のスタッフらとともに、日向寺監督がすべてを引き継ぎ、製作を進めました。
07年、残暑厳しい9月、原作の舞台である兵庫県でオールロケを敢行。その知られざる撮影の裏側を、クランクアップまで密着。そして、出演者・スタッフのインタビューを交えた貴重な映像を収録したメイキングドキュメンタリー!

日向寺太郎 吉武怜朗 畠山彩奈(子役) 松坂慶子 / 松田聖子
映画「火垂るの墓」スタッフ・キャストの皆さん

製作:鈴木ワタル
プロデューサー:磯田修一
構成・演出:廣岡知人
編集:槙原清賢
ナレーション:北原久仁香
メイキング撮影:廣岡知人
音楽:Castle In The Air(谷川公子+渡辺香津美)
提供:株式会社パル企画
製作:「火垂るの墓」パートナーズ(テレビ東京/バンダイビジュアル/ポニーキャニオン/衛星劇場/佐久間製菓/トルネード・フィルム/ジョリー・ロジャー/パル企画)
撮影協力:ひょうごロケ支援Net(兵庫県、神戸フィルムオフィス、姫路フィルムコミッション、淡路島フィルムオフィス、加古川市、加古川フィルムコミッション設立準備会、西脇市、西宮市、宝塚市、三木市、南あわじ市)、日本毛織株式会社

発売日:2008年8月8日
価格:¥1,886+税
品番:BWD-1859
スペック:片1/60分
年/製作国:2008年日本
コピーライト:2008「火垂るの墓」パートナーズ

在庫状態 : 在庫有り
¥1,886(税別)
数量